HOME | 整形 | 食べ物 | 洗顔 | 悪化 | お酒 | ストレス | 日焼け | 飲み薬 | 針治療
ハイドロキノン | レーザー | 物理的 | 意味 | 危険性 | サイトマップ

にきびを治すのに必要な知識とは

にきびの種類  ニキビ跡治療を皮膚科でやる際の注意点

ニキビはどの世代でも発生します。

はっきりとした線引きはありませんが、10代にできるニキビを「思春期ニキビ」、
20代以降にできるニキビを「大人ニキビ」と呼んでいます。

若い

高校生では当然ながら思春期ニキビになりますが、青春のシンボルとして
受け入れるわけにはいきません。

ニキビは尋常性ざ瘡というれっきとした皮膚疾患であり、しっかりと治療を
行う必要のあるものです。

高校生世代にできるニキビの原因は、思春期の成長に関係してたくさんの皮脂が分泌されるようになるためです。
その皮脂が毛穴につまり、そこでアクネ菌が繁殖し炎症を起こすためです。

有効なニキビ治療は、病院にかからない場合はこまめに顔を洗い、余分な皮脂を洗い流すことです。
予防の観点からも大切なことです。

肌トラブルの原因になる?皮脂について

皮脂とは、皮脂腺と呼ばれる器官から分泌される液体で、
主成分はグリセリン脂肪酸エステルといわれています。

身体にできるニキビの原因の一つにこの皮脂の存在が
しばしば挙げられることから、皮脂の存在を過度に気にする人は少なくありません。

事実、10代の思春期にさしかかって性ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなると、
あちこちの毛穴の内部で増大した角質とともに皮脂がたまってニキビが発生し、
顔や首などに赤いブツブツがたくさんできます。

特にTゾーンといわれるおでこや鼻、顎の部分からは他の部分よりたくさんの皮脂が分泌されます。

しかし本来、皮脂には汗腺から分泌される汗と混ざりあって
皮膚の表面に皮脂膜を形成することによって、外部の刺激から皮膚を守ったり、
角質層にたまっている水分が蒸散してしまうのを防ぐという重要な役割があります。

皮脂が不足すると膜も十分に形成されなくなり、それによって皮膚が乾燥しやすくなり、
様々な肌トラブルが生じやすい状態になります。

皮脂を意識したスキンケアを

化粧水スキンケア化粧品を使う場合は、皮脂をコントロールできるタイプの化粧水や
さっぱりタイプの化粧水を使います。

また、清潔な皮膚を保ち、市販の塗り薬を塗ることをおすすめします。

皮脂を吸着する硫黄などが主成分となっているものがあります。
市販の塗り薬はそれほど高価なものではありません。

ひとつ手元にあると、いざという時すぐにニキビ治療ができます。

病院にかかる場合でも、基本的には診察の上、薬が処方される場合がほとんどです。

しかし、医師だけが処方できる薬があるので、薬の選択肢が多いことと
患者ひとりひとりに合う薬が選ばれるので、治りは早いかもしれません。

Copyright© Nikibi tiryou All Rights Reserved.