HOME | 整形 | 食べ物 | 洗顔 | 悪化 | お酒 | ストレス | 日焼け |サイトマップ

にきびを治すのに必要な知識とは

にきびの種類  ニキビ跡治療を皮膚科でやる際の注意点

ニキビはどの世代でも発生します。
はっきりとした線引きはありませんが、10代にできるニキビを「思春期ニキビ」、20代以降にできるニキビを「大人ニキビ」と呼んでいます。

高校生では当然ながら思春期ニキビになりますが、青春のシンボルとして受け入れるわけにはいきません。
ニキビは尋常性ざ瘡というれっきとした皮膚疾患であり、しっかりと治療を行う必要のあるものです。

 

高校生世代にできるニキビの原因は、思春期の成長に関係して、たくさんの皮脂が分泌されるようになるためです。
その皮脂が毛穴につまり、そこでアクネ菌が繁殖し炎症を起こすためです。
有効なニキビ治療は、病院にかからない場合はこまめに顔を洗い、余分な皮脂を洗い流すことです。
予防の観点からも大切なことです。

スキンケア化粧品を使う場合は、皮脂をコントロールできるタイプの化粧水や、さっぱりタイプの化粧水を使います。

また、清潔な皮膚を保ち、市販の塗り薬を塗ることをおすすめします。
皮脂を吸着する硫黄などが主成分となっているものがあります。
市販の塗り薬はそれほど高価なものではありません。

ひとつ手元にあると、いざという時すぐにニキビ治療ができます。
病院にかかる場合でも、基本的には診察の上、薬が処方される場合がほとんどです。

しかし、医師だけが処方できる薬があるので、薬の選択肢が多いことと、患者ひとりひとりに合う薬が選ばれるので、治りは早いかもしれません。

Copyright© Nikibi tiryou All Rights Reserved.